ナイフみたいに尖ってる亀頭

産卵期のカメはパンク歌手のように暴れまくる。
水槽のうえに紫外線ライト用のライトマウントを置いているのだが、そのライトマウントを水槽内に引きずり落としたことがあった。私は帰宅して「ギャーッ!」だったが、カメは平気な顔で、わびる様子もない。幸いカメも私も感電しなかったので、大事には至らなかったが、ライトマウントが浸水して大変だった。カメの腹甲は、陸場の石で擦れて内出血していた。私が留守のときに、よっぽどめちゃくちゃに暴れたようだ。機材は壊すわ、自傷するわ。パンクだね、実に。ライトマウントを修理して、落下防止用のヒモをつけた。

以来、カメが暴れる時期はなにかと神経質になり、産卵期の今は、毎朝カメに起こされている。
カメは朝の5時くらいには起きていて、なんかシャカシャカ動いている。たいした音量でないときも、気がかりで目が覚める。あまりいい目覚めでないので、悪夢を見ながら起きること毎朝。「うるせえよー」と水槽をのぞくと、カメは水槽の壁にむかって一心不乱に泳いでいる。シャカシャカ音は前足のツメが水槽を掻く音だ。おまえまだ「透明」っていう概念が理解できんのか。おまえハエか。

たまーにカメを抱いて楽しく遊ぶ夢も見るが、実際に抱いてみると、ツメで攻撃してくる。あげく小便をかけられる。おまえやっぱりパンクだな。
[PR]
by disgust | 2005-05-29 23:13 | 亀甲談
<< ヌッツォ再び ぼくのミッキー >>