破壊王

プロレスラー橋本真也さん急死

レスラーの死というのは、いつも実感がわかない。
ジャンボ鶴田はいまだに生きている気がする。墓の下にいると聞かされても信じられない。アメリカで大学教授をしていると聞いたほうが、納得できる。

新日本プロレスにいるころの橋本は好きじゃなかった。しかし独立してゼロワンを立ち上げてから、俄然好きになった。新日本の呪縛から解き放たれたかのように、奔放に発言し、企画し、暴れ、笑う橋本は輝いていて、笑顔はまさにサンシャイン。
新日本に与えられた「橋本真也」というキャラクターはとても窮屈だったのだろう。ゼロワンの橋本は栄養バランスを破壊する超高カロリーの破壊王弁当を企画したり、いいスポンサーがつきますようにと願いをこめ、後輩に黒部和牛太と名付けたり、とても楽しい男だった。

レスラーにとって40歳といえば中堅だ。体は衰えても、歴史がある。20年のレスラーとしての歴史が、リングで新しいストーリーを生む。天龍源一郎は55歳だが、今度東京ドームで小川良成とシングルで対戦する。小川良成は天龍の付け人をしていた。親子ほど歳の離れた師弟対決だ。キャリアがあるから、こういうドリーミンなストーリーが作れる。いつか黒部和牛太と師弟対決することだってあっただろう。
さっぱり実感がわかないが、とにかく合掌。
[PR]
by disgust | 2005-07-11 20:35 | 雑記
<< スプラッシュ! 穴はカメに掘らせよ >>