カテゴリ:亀甲談( 50 )

南国と死闘

年をとると肉食から菜食に変わっていくのは、人も亀も同じ。齢11才のカメは最近、果物を好んで食う。

先日、熟しすぎてドロったバナナをカメに与えた。バナナの欠片を箸でつまんで給餌すると、カメは後ずさりし、亀頭を甲羅に収めながら吠えた。シャーッ、シャーッ。長年カメを見ているのでわかる。カメは驚いているわけでも、怒っているわけでもない。カメは興奮しすぎておかしくなっていた。熟れたバナナは、鈍感な人間の鼻ですら、むさ苦しいほどに芳醇な香りを放つ。眼前に差し出されたドロったバナナの香りにカメは怯え、吠えた。
怖いか。これが熟れたバナナだ。発音に留意するとバヌーヌ。熟れバヌーヌ!
カメは怯えながらも、果敢に熟れバヌーヌに噛みついた。フシャーッ、フシャーッ。カメよ、それは箸だ。バナナはおまえの足元だ。飼い主の助言を無視してカメは箸と死闘を続ける。箸を噛み殺さんと荒々しく亀頭をスイングさせるカメ。踏んづけられてるバナナ。カメに箸を取られてすることがない飼い主。

箸に付着したバナナ味が薄れてきたのだろう。カメは咥えていた箸を捨て、俺の顔を見たあと、足元のバナナを食べた。箸の先端に残ったカメの噛み跡は深く、死闘の激しさとバナナの美味しさを物語るのであった。
[PR]
by disgust | 2011-10-26 14:57 | 亀甲談

できちゃったみたい

結局去年は卵を産まなかった。穴は掘るのだが。
放っておいたら、産みたい暴れが収まったので、想像妊娠というやつであろう。と診断した。水中産卵して自分で食ったのかもしれないが。にしては水きれいだったしなあ。

今年も早朝に「産むぞオリャー」と、ご懐妊暴れ。
どうなん。産むの?去年は10回くらいカメの早朝徘徊に付き合ったが、さっぱり産みやしない。マジ産卵の直前はほとんど食事を取らないが、去年も今年もバクバク餌を食う。どうなん。腹甲のなかどうなってんの。

今日は庭先でクモ三匹、カナブン一匹を捕獲。カメに供してみると、バクバク食った。「次よこせやオリャー」とおかわり暴れ。元気そうでなによりです。
[PR]
by disgust | 2011-07-01 05:20 | 亀甲談

悪夢の朝

カメが三匹に増えた。
オリジナルのカメより一回り小さいカメは、平べったい。太ったパンケーキリクガメみたい。それより更に一回り小さいカメはテニスボールのように丸く、黄色かった。
パンケーキとテニスボールは散り散りに逃げた。パンケーキは太っているのに動きが早い。腹甲を擦りながら這って逃げていく。逃げ足の遅いテニスボールは目の端に置いたまま、パンケーキを追う。パンケーキを持ち上げようとすると、背甲がずるりと全部剥けた。脱皮の剥けかたじゃないと思ったが、気にせず背甲を捨てて、パンケーキを抱える。爪で引っかかれて痛い。
テニスボールは大して移動せずに、茂みのなかの大きな蕗の葉の上でもがいていた。近くに空の植木鉢があり、その中から蛇が鎌首を持ち上げていた。蛇はテニスボールを食おうとしていた。蛇がぬるりとテニスボールに近づく。その体はデコボコに歪んでいて、頭は平たく潰れていた。パンケーキを抱えたまま、蛇と対峙した私は勇気を出して蛇の頭を踏んだ。しかし踏み込みは浅く、蛇は私の靴のつま先に噛み付いた。痛くはなかったが、蛇の口から垂れた粘液が気持ち悪く、気分が悪くなった。どうやって蛇を殺すか思案していたら、テニスボールが食われた。あっというまに丸呑みされた。
同じ爬虫類同士の真剣勝負。俺が手を出すのはアンフェアだと思い、テニスボールを見殺しにした。本心を言えば、カメを三匹も飼うの大変だから、一匹くらいいいやと思った。蛇の閉じかけた口から見えるテニスボールの顔が、なんとも後味の悪い印象。
オリジナルのカメが見当たらないが、どこだっけ。部屋にいるんだっけ。

ひどい夢を見て目覚める朝六時。カメはいつもどおり日光浴中であった。おはよう。
[PR]
by disgust | 2011-06-14 06:46 | 亀甲談

甲羅干し

産卵期のカメは餌も食わず、日光浴もしない。かといって産むでもなく。なんとなく暴れまくってるこの頃のカメ。
日光浴でもしてればいいじゃんと、ベランダに放置したところ、素直に日光浴を始めた。ひさしぶりに両脚ピーンを見る。飼い主の顔を覚えず、一切なつかない愛想のないペットであるが、両脚ピーンを見るといろいろ許せる。心ゆくまで干すがいい。
[PR]
by disgust | 2010-07-14 08:34 | 亀甲談

猫を追うウンコサンダルの手に鎌

毎朝四時半に起床し、カメを庭に放し、産卵を促す。もう一週間続けているが、穴掘れど産まぬ。寝不足。
去年までなかったことだが、野良猫が寄ってくる。カメを庭に放しているあいだ、私は雑草を抜いたりしているのだが、カメの様子を見に行くと、下図のような状況になっている。
a0016459_6534147.gif

私は手にしていた草刈鎌を振り上げ、「シャー」と言いながら威嚇のポーズ。逃げる黒猫。いったい黒猫はなんの目的でカメに近づくのだろうか。食うの?遊ぶの?ただカメが見たいだけならいいんだが。

蚊に刺され、野良猫を追い、野グソを踏み、手はドクダミの臭い。カメは穴掘りをやめて散歩に夢中。明日も早起き。
[PR]
by disgust | 2010-07-09 06:53 | 亀甲談

シーズン開幕

春から夏にかけて、我が家のカメは無精卵を産むべく、陸地に上がり穴を掘る。産気づくと、朝四時半に水槽の壁を爪でひっかいて、「外に出せやー」と暴れる。俺は朝ボッキしたままカメを庭に放つが、産むのは五回に一回くらいで、たいていカメは庭を徘徊するのみ。俺は睡眠不足が重なり頭痛。カメは毎朝大暴れ。生き物を飼うってとっても大変。

今年もそんな時期が来まして、今朝は暴れるカメに起こされました。ええ、もう。腹くくって取り組みますとも。
[PR]
by disgust | 2010-06-12 04:52 | 亀甲談

セミ冬眠

カメは夏から秋にかけて貪欲に餌を食う。冬のあいだはほとんど食わない。ヒーターで水温を調節しているので、冬眠はしていないのだが、食欲はないらしい。

今日で2週間の絶食中。さすがに腹が減っただろうと給餌したが、おちょぼ口でポリポリ。あ、そう。
[PR]
by disgust | 2009-12-18 16:14 | 亀甲談

甲羅は朽ちて島となる

またカメの皮がむけた。
死んだ動物の骨は、微生物の栄養になる。毛は?毛は食えなくね?と思ってたら、鳥が持ち帰って巣の材料にするらしい。なるへそ。
むけた甲羅は?食えないし、巣にもならなくね?貝塚の貝みたいに、ただ堆積していくのかね。
雨にぬれ、虫が這い、泥に汚れて朽ちていく甲羅に思いをはせる。ナイス寂寥。
a0016459_922194.jpg

[PR]
by disgust | 2009-10-05 09:22 | 亀甲談

彼女の獣臭

梨の芯を食うということは、リンゴの芯も食うのではないか。食い終わったリンゴの芯をカメに与えると、シャクシャク食った。愛い奴。
栄養バランスを考えて、配合飼料も与える。食った。愛い愛い。
またでかい蜘蛛見つけたら捕まえてやるからな。

植物性のエサを多く摂ると、カメの体臭が変わるのではないか。
くっさい配合飼料ばかり食っておるから、体臭が腐ったウンコみたいな臭いなのだ。リンゴ食ってフルーティなフレグランスのカメになればいいじゃん。でもそれ以前にウンコ食うのをやめなきゃな。ウンコ食うから、体臭がウンコ臭いんだ。ウンコ食うペットは可愛くないぞ。
[PR]
by disgust | 2009-09-23 17:39 | 亀甲談

生ゴミのテイスティング

むかしペットショップで見た老亀は、松の葉を食べていた。ヤニ成分を含んでいそうな、あの針葉。実に消化に悪そうであるが、老いたカメの胃にはちょうどいいのかもしれん。

ミドリガメは雑食性であるが、歳経るにしたがい、肉食から草食になっていくらしい。うちのカメは10歳。以前は食べなかった果物を、もりもり食べるようになった。いつか松の葉を食べるようになるやもしれん。

キャベツの芯。揚げて食うと甘くてデリシャス。おまえも食え。生だけど。
よし、食わねえ。噛みつくだけで飲みこまねえ。味だけ楽しんで吐くとか、ローマの貴族のつもりか。爬虫類のくせに。じゃあ梨食え。芯。
[PR]
by disgust | 2009-09-06 17:36 | 亀甲談