<   2005年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

めざせ野獣

耳がファーンと遠くなって、視界が暗くなり、冷たい汗がぼたぼた出てくる。
たまに貧血で倒れる。満員電車でふらーっとなったり、包丁で指を切って失神したり。そんな自分がイヤだ。俺はもっと野獣的なイメージでいきたい。理想はX-MENのウルヴァリンだ。

自己改革のために献血にチャレンジしたことがある。受付で「400mlくれてやるぜ」と野獣的に志願したが、検査で200mlに変更された。なめやがって。しかし200ml採血後、意識が遠のいた。「うわぁー」と助けを呼ぶと看護婦が飛んできて、俺を毛布でくるみ、頭を下にして寝かせた。脳貧血か。「すいません、血を返してください」と頼みたかったが我慢した。俺の横では茶髪の女が、マンガを読みながら400mlを抜いている。かっこ悪いところは見せられない。看護婦が脈を取りに来た。「僕は大丈夫なんですか」と聞きたかったが、「ヘイ、コーヒーをくれ。とびっきり熱くて苦いヤツをな。」と言ってやった。かっこええ。しかし看護婦はココアを持ってきた。ココアには鉄分が含まれているので、血にいいそうだ。そうなんですか。俺はありがたく受け取り、ズビズビ飲んだ。
看護士に支えられながら階段を下り、待合室でまたココアを勧められた。おいしい。ボールペンを貰った。ワーイ。

以来、ココアを家でも飲んでいる。バンホーテンとグラニュー糖をミルクパンで練り練り。牛乳を加えてまぜまぜ。煮え立つ牛乳のたぎりに耳を澄ます。沸騰寸前で火からおろし、お気に入りのペコちゃんのカップに移す。ズビズビ。俺はウルヴァリン。野獣的。ココア好き。
[PR]
by disgust | 2005-04-30 13:25 | 雑記

すっぱい魔法

ピンホールカメラPP35[zebra]をノリノリで組み立て中。楽しい。
作りながら思ったのだが、どうやら私は写真よりカメラが好きらしい。

ピンホールカメラの原理は以前なんかの本で読んだのだが、よくわからなかった。仕組みは小さい針穴の開いた暗箱と、印画紙。それだけ。おそらく印画紙の表面に塗布されている薬品と、現像するときに使うすっぱい液体に答えがあるように思う。フィルムカメラは銀塩とも呼ばれるので、なんかシルバーでソルティな化学の魔法があるんやね。そのへんの魔法を理を尽くして説明されても、余計にわからなくなるので思考停止。魔法、魔法。

カメラオブスクラをご存知か。実は私もよく知らないんだが、古代のカメラだ。ピンホールカメラと同じ原理らしい。暗い部屋に針穴ひとつ。壁に上下反転された外の風景が写るという。…魔法やね。a0016459_1421167.gif
[PR]
by disgust | 2005-04-30 01:43 | 雑記

左手で絵を描こう

デジカメがフィルムよりキレイに撮れると噂される昨今。その反動であろう、まともに撮れないトイカメラが流行している。ちょっと前にタモリ倶楽部でホルガを取り上げていた。じわじわ流行ってる証拠だ。その波、乗った!っちゅうことで、「PHATphoto」という雑誌を買った。なんと付録がカメラ。35ミリフィルムが使える紙製のピンホールカメラPP35[zebra]がもれなくついてくる。肝心の雑誌の内容がうすっぺらいが、これで1000円ならお安い。

まだ組み立てていないが、仕様を見てるだけで楽しい。
zebraはフィルムカウンターがないので、何枚撮ったのか記憶しなければならないそうだ。それはまあいい。だが、ノブを何回廻したのかさえも、記憶しないといけないらしい。装填したときに1回転半。1枚目を出すのに4回転。1枚目を撮ったら2回転して、以後7枚目までは2回転巻き、8枚目からは1回転巻き。覚えられるかそんなもん。コマずれは必至だろう。

シャッターは紙の仕切りを手で引き上げる。晴れなら2秒で閉める。曇りなら3秒。雨なら5秒。
シャッタースピードが長いと、手ぶれが起きやすい。三脚やレリーズを使って手ぶれを防ぐのが鉄則だが、zebraは三脚を取り付ける穴がない。紙製なので軽く、安定しない。しかもシャッターは紙の仕切りを上げ下げするので、どう考えても手ぶれが起きる。わざわざうまく撮れないようにしてんじゃないかと思わせる、ふざけた設計。そのコンセプト、乗った!ゴールデンウィークは工作!ボンドどこだ!
a0016459_0194848.jpg


夏は万博!HOLGA EXPO 2005
[PR]
by disgust | 2005-04-29 00:21 | 雑記

眠り姫

a0016459_2344571.jpg
泳いでいるように見えるが、こいつは寝ている。
水温が低いと、手足を甲羅に収納して寝るが、暖かくなるにつれ、寝相が乱れる。なんとなく泥酔したおっさんに似ている。
[PR]
by disgust | 2005-04-24 23:44 | 亀甲談

亀頭百態

こないだ「トリビアの泉」で、オオアタマガメが紹介されてた。
甲羅に収まらないほど亀頭がでかいカメだ。亀頭はでかいのに越したことはない。しかし亀頭が甲羅に収納できず、露出しっぱなしでは危険ではないかと心配になるが、オオアタマガメの亀頭は肌が角質化してて、かなり固いようだ。亀頭が固いなら、それに越したことはない。
亀頭が出っ放しといえば、クビナガガメというのもいる。首がにょろりと長くて、甲羅に収まらない。ペットショップで眠っているクビナガガメを見たことがあるが、長い首がだらしなく垂れてて、死体のようだった。生きてたけど。

うちのカメはノーマルの亀頭である。甲羅に収まるし、長くもない。かわいい。
しかしタニシとか固い貝を常食していると、アゴが強くなって、亀頭全体がでかくなる。巨頭化という。だから私は、カメにアサリなど貝類を給餌するときは、殻を割ってから与えている。あくまでペットの亀頭は、飼い主以下でなければならない。私はそう思う。

水棲ガメのオスは、ある程度成長すると体全体が黒くなるらしい。メラニズム、または黒化現象という。私の亀頭はまだメラニズムを起こしていない。ペットの亀頭が飼い主以上に黒いのはべつに構わないので、勝手に黒くなればいいと思う。そのへんは好きにしていいぞ。あ、お前メスか。
a0016459_2340535.gif

[PR]
by disgust | 2005-04-22 23:41 | 亀甲談

いらねえ

ソニーと東芝、次世代DVDの新規格で統一交渉
ほんとなの?――次世代光ディスク統一規格報道の「真相」

いいことだ。性能よりなにより、シェアが大事だからね。
ところで次世代DVDは、誰が必要としているのだろう。必要か?次世代。
いちいちプレイヤー買い替えたり、集めた旧世代のソフトを手放すことを考えると、いらねえ気がする。
[PR]
by disgust | 2005-04-22 01:21 | 雑記

カメラの迷宮 入り口

ヤシカエレクトロは亡父の形見として貰った。両親の新婚旅行とか、ベイビーの私はヤシカが撮っている。写真は思い出の品として大事にされるが、カメラは売られたり死蔵されたりする。そのへん哀れよね。ってことで、先ごろヤシカを修理した。
ヤシカはすこぶるキレイに撮れるが、いかんせん扱いが面倒だ。その面倒を楽しむのが粋というものだが、面倒なものは面倒だ。重いし。でかいし。

そこでヤシカと一緒に物置に死蔵されていた、オリンパスXA2を手にとってみた。プラスチックボディで軽い。3段階しかないピント。これは簡単そうだ。小学生の頃によくおもちゃにして遊んだので、手にしっくりなじむ。いいな。でもシャッターが切れない。裏蓋を開けると、ぷーんとカビの匂い。使えないかな~と思いつつ、電池を交換した。するとシャッターが降りた。電気シャッターか。ヤシカはボタンを押した指の力を器械的にシャッターに伝えるが、XA2は電気の力を利用するので、軽く触れるだけでシャッターが降りる。これなら手ぶれもないだろう。いいな。電力って素晴らしいな。文明って便利だな。

ヤシカはボタンのストロークがやけに長い。指を「グググッ」と押し込んで、シャッターを「ピチッ」と切る。その「グググッ」の時に、よく手ぶれが起きる。ひどいときはカメラが傾く。
XA2は電力の力を借りて「パスッ」と切れる。軽い。そのシャッター音が、ニヤついてしまうくらい心地よく、病みつきになった。なぜだ、なぜフィルムの入ってないカメラで俺はこんなにニヤついているのか。しかしこの音ったら。パスッおおう。パスッああん。
形見受け決定。

パスッあふう。
何度も聴いていると、音の違いに気づく。「パスッ」であったり、「パッ…スッ」であったり。
…もしや!シャツの中にXA2を突っ込んでシャッターを切ってみる。「パッ………スッ」。シャッタースピードがオート!すげえ!30年前のカメラを苦心して使っていた矢先であったので、明るさを判断している20年前のカメラにいたく感激する。すげえ!文明最高!
明るいところ、暗いところで、空シャッターを切りまくり、音の違いにニヤニヤ。パッ………スッ。ぐふ、ぐふ。
a0016459_1535421.jpg

[PR]
by disgust | 2005-04-17 22:13 | 雑記

枕頭の書

軍事の本を読むと、よく眠れる。俺だけか。

いまは江畑謙介著「これからの戦争・兵器・軍隊」を読んでいる。これはいい。安らかに眠れる。つまらないわけじゃない、かなりおもしろい。だが米軍の話がメインなので、横文字がたくさん出てきて、頭が痛くなる。戦争もIT革命中なので、コンピュータ用語も多い。しかもアメリカ人はすぐ頭文字をとって略語にしてしまうので、さらにややこしい。C4-ISR(シー・クアドルプルド・アイエスアール)とはCommand,Control,Communications,Computers,Intelligence,Surveillance and Reconnaissanceの略で、「指揮・統制・情報・コンピュータ・諜報・監視アーンド偵察」という意味で、ああ眠い。でも書いてあることはおもしろいので、ほどよく楽しく、ほどよく眠い。
しかし軍用に開発される技術の斬新さといったら、SF作家の想像力を軽く超えるね。斬新っていうか、もうイカれてる。

「戦争をおもしろがるのは不謹慎だが、戦争に関心を抱かないよりはマシだ」と言い訳しながら、おやすみ。
[PR]
by disgust | 2005-04-16 04:09 | 映画とか本とか

暴れカメラ

ヤシカエレクトロという古いカメラを使っている。古いが、かなりきれいに写る。
ただしそれはピントがしっかり合ってて、露出が適正で、手ぶれがなかった場合のみ。私の未熟な撮影技術だと、24枚撮っても、一枚も当たりがなかったりする。

ホルガが恋しくなってきた。トイカメラはよかった。ファインダーを見なくてもいい。見てもいいが、どうせアテにならないし、そもそもまともに撮れないカメラだし。ヤシカは賢いので、俺の扱い次第で写真の良し悪しが決まってしまう。腕がよければ、かなりいい写真が撮れるんだと思う。ただ今のところ、びっくりするくらいにろくでもない写真ばかり撮っている。
ホルガを使ってたときのほうが、いい写真が撮れていたような気がしてならない。

シスターホルガ。これは名機だった。すぐ壊れたが。
a0016459_0523423.gif

[PR]
by disgust | 2005-04-14 00:58 | 雑記

ライダー入城

城。
城はいい。
美しさと堅牢さという、相容れぬ要素を融和させた建築美。
私は旅行先に城があれば、とりあえず見に行く。殿様の気分で天守閣からの眺めを楽しむのもいいが、私は足軽視点で見るのが好きだ。塀を乗り越え「一番槍ーっ!」と叫ぶ自分をイメージしてみたり、濠に落っこちて屍になり、お味方のために橋になる自分をイメージしたり。趣が乗って石垣をよじ登って、警備員に睨まれたり。楽しい。ちなみに石垣登りを江戸城(皇居)でやると、シャレにならないのでやめたほうがいいぞ。

以前、熊本城を官軍兵の気分で観光していた折、ひとりのライダーが目に留まった。かっちょええバイクで熊本城に乗りつけ、駐車場の柵にチェーンを掛けていた。バイク旅はかっこいいが、なかなか大変そうだ。荷物をいちいち持ちあるかにゃならんし、メットにツナギにグローブに、装備品も多い。難儀やね。電車旅だった私は身軽だった。

熊本城の内部は資料館になっており、西南戦争の絵巻物や、戦国時代の鎧具足が展示されている。南蛮鎧はええなあ。と見惚れていると、階下からボッシュボッシュと不穏な足音。先ほどのライダーであった。皮のツナギを上半身だけ脱いで、フルフェイスのメットを小脇に抱えて、いかついブーツを踏み鳴らして階段を上がってきた。足軽気分で観光していた私は急遽、殿様気分に切り替えて、ライダーに「む。大儀であった!」と呟いた。そして熊本城の門前でバイクをアイドリングさせながら「開門!かいもーん!」と叫ぶ彼の姿を想像し、ほくそえんだ。
[PR]
by disgust | 2005-04-13 02:43 | 雑記