<   2005年 05月 ( 25 )   > この月の画像一覧

鬼籍

沢村忠とは、真空飛びヒザ蹴りでキックボクシングブームを巻き起こしたパンチパーマの鬼。もといキックの鬼。
私は沢村忠の時代を知らないのだが、年間何百試合も戦う沢村はケガを治さなかったという逸話を聞いて、ほんとに鬼だと思った。打撲は冷やして治すのが常套だが、沢村は打撲に炊きたてご飯を盛ったらしい。冷やせば痛みは消えるが、治りが遅い。だからあっためる!よっ鬼!

NHKの歌番組を見てたら、沢村忠の娘が歌手として出ていた。そしてなぜかブルーハーツの「ラブレター」を歌っていた。キックの鬼とブルーハーツ、俺はどっちも大好きなので、襟を正して拝聴した。まあヒロトのほうがいいが、でも美しい声で優しく歌う「ラブレター」もなかなかよかった。

少し前にブルーハーツのブームがあって、トリビュートアルバムが一斉に何枚も出た。ドラゴンアッシュとかが「リスペクト」と言い出したのがキッカケなんじゃないかと思う。その活況はブルーハーツの曲がブルーハーツのものでなく、公共財産になったような雰囲気だった。泣きながらブルーハーツを聞いていた世代にとっては嬉しくもあり、少し寂しくもあり。

日本の音楽界には鬼籍名簿のようなものがあり、それは著作権の保護期間とは無関係で、そのミュージシャンの死後、解散後、引退後の何年か経って、なんかのタイミングで鬼籍入りする。「近年評価が高まって」とか「高い音楽性が見直されて」とか、まるで誰かがゴーサインを出したように、一斉にカバーが出回る。なんだかアホらしい。いい曲だと思ったら、即座にカバーすればいいのに。姑息にちょっとだけコピーするから、盗作だのパクリだのと言われるのだ。
[PR]
by disgust | 2005-05-31 21:53 | 雑記

お気に入りの番組とバラカン横

今日のクローズアップ現代が「ペット大暴れ 悩む飼い主」と気を引く内容であったので、タイマー録画しといたが、犬のことだった。産卵期のミドリガメには一切触れていない。なんでじゃ。こんなに大暴れなのに。俺は寝汗をかいて起こされているのに。クローズアップしてくれや。
でもそれなりに興味深いレポートだった。

ドキュメンタリーとかノンフィクションが好きで、よく見る。
ドキュメンタリーには新しい題材か、新しい視点のどちらかが必要だ。誰でも知っていることを、よくある見方で報じられても、なんにもおもしろくない。
もうひとつ、テンポも必要だ。リアリティを重んじ、フィクションを排斥する。そういう姿勢は結構だが、最低限の演出は必要だ。装飾を排すれば、それで真実が伝わるわけでもない。
そういう理由で、フジテレビのNONFIXよりは、日テレのスーパーテレビのほうがまだマシだと思う。NHKのクローズアップ現代、ETV特集、NHKアーカイブスはいい。しかし個人的には、もうちょっとタイトに絞ってほしい。いまいち冗長だ。一番のお気に入りは、TBSで深夜にやってるCBSドキュメント。簡潔で、テンポよく、題材と視点が新しい。

司会はずっとピーター・バラカンがやっているが、バラカン横の席は何度か変わっている。かなり以前にバラカン横だった、ナントカかをりさんという人が好きだった。聡明なコメントが冴える、知的で美しい女性であった。産休で降板したまま帰って来ない。カムバックかをりさん。
[PR]
by disgust | 2005-05-30 23:02 | 映画とか本とか

ヌッツォ再び

「新選組!」来年1月続編放送 ニッカンスポーツ

やったーっ!
土方歳三の函館の戦いを、三谷幸喜脚本の単発ドラマでやるとな!
うおおーっ!
でも半年先ーっ!!
待つわ~!
[PR]
by disgust | 2005-05-30 01:03 | 雑記

ナイフみたいに尖ってる亀頭

産卵期のカメはパンク歌手のように暴れまくる。
水槽のうえに紫外線ライト用のライトマウントを置いているのだが、そのライトマウントを水槽内に引きずり落としたことがあった。私は帰宅して「ギャーッ!」だったが、カメは平気な顔で、わびる様子もない。幸いカメも私も感電しなかったので、大事には至らなかったが、ライトマウントが浸水して大変だった。カメの腹甲は、陸場の石で擦れて内出血していた。私が留守のときに、よっぽどめちゃくちゃに暴れたようだ。機材は壊すわ、自傷するわ。パンクだね、実に。ライトマウントを修理して、落下防止用のヒモをつけた。

以来、カメが暴れる時期はなにかと神経質になり、産卵期の今は、毎朝カメに起こされている。
カメは朝の5時くらいには起きていて、なんかシャカシャカ動いている。たいした音量でないときも、気がかりで目が覚める。あまりいい目覚めでないので、悪夢を見ながら起きること毎朝。「うるせえよー」と水槽をのぞくと、カメは水槽の壁にむかって一心不乱に泳いでいる。シャカシャカ音は前足のツメが水槽を掻く音だ。おまえまだ「透明」っていう概念が理解できんのか。おまえハエか。

たまーにカメを抱いて楽しく遊ぶ夢も見るが、実際に抱いてみると、ツメで攻撃してくる。あげく小便をかけられる。おまえやっぱりパンクだな。
[PR]
by disgust | 2005-05-29 23:13 | 亀甲談

ぼくのミッキー

一口に三国志といっても「正史三国志」「通俗三国志」「三国志演義」「三国志平話」と、いろいろある。現代に限っても、「吉川英治の三国志」「北方謙三の三国志」、漫画の「天地を喰らう」とか「蒼天航路」とか、ゲームの「三國無双」とか、人形劇の三国志、スーパー歌舞伎の三国志と、まあ数えればキリがない。

もとは単なる年表だった三国志に、細かい注釈がついたのが始まりで、次に挿絵がついて、次に創作を盛り込んで、さらにえこひいきの歪曲も加えて、どんどん変形していった。三国志がいまに語り継がれるのは、三国志がおもしろいからというだけなく、時代の表現者が自由に書き換えたからでもある。
だから別にミッキーマウスをバカにしているわけではなく、どちらかというと良心で描いた。
a0016459_2445265.gif

[PR]
by disgust | 2005-05-29 02:44 | 映画とか本とか

ミンダナオ島

元日本兵生存情報、首相「えっ、うそだろ」 読売新聞
同感です首相。
60年…。

祖父の葬式に、戦友会からでっかい花輪が届いていた。玄関の一番目立つところにデーンと。祖父は戦争の話をしない人であったので、その花輪の唐突さに驚き、しばし呆然とした。

先日、あてどもなくドライブした。見渡す限り干物屋で、退屈きわまりない。灯台が見えたので行ってみた。灯台もなにもない。かろうじてベンチがあったが、景色が最高なほかは見所もないなーと思っていたら、銃座があった。ホノルルから来る爆撃機を狙う高射砲がそこにあったそうだ。ただの高台であったが、ずっと干物ばかり見ていたので、いきなり目に飛び込んできた戦争の遺物は強烈なインパクトだった。

60年かー。
[PR]
by disgust | 2005-05-28 05:22 | 雑記

甲羅干し指数

紫外線情報、HPで提供スタート 気象庁 産経新聞

少年は丘に毛布を敷いて寝転がり、流星群を見た。そのとき少年は「遠い宇宙の果てから、わざわざ悪さをするためにやってくる者などいない」と思ったそうである。で、少年は映画監督になって「未知との遭遇」とか「A.I.」を作ったとさ。

今日も天気がよかった。中途半端な色は白く飛んで、町はまばゆく輝く。子供たちは玉の汗をかいて遊び、私は黒く濃い影に見惚れる。紫外線は有害だと。嘘くせえ。とても人体に害があるとは思えん。

うちのカメは紫外線ライトをつけっぱなしにしておくと、いつまでも日光浴している。うっかりライトのコンセントが外れていたりすると、朝5時に暴れて催促する。干しても干しても飽き足らないようだ。

天気予報によると、今日の紫外線指数は「やや強い」。
たまには日光浴を控えてはいかがかね。はい、コパトーン。カメに人間様の知恵を授けてやると、カメはコパトーンを嗅いだ。食うのか。
[PR]
by disgust | 2005-05-26 21:27 | 亀甲談

奥停め・抜き止め

今日は道徳を説こう。

近所のツタヤの駐輪場が、ドーナツ化現象を起こしている。
駐輪場といっても、出入り口の空きスペースなので狭く、白線の仕切りもない。
世間的な良識でいえば、奥から停める。しかし阿呆は手前に停める。奥に停めると、あとから駐輪してくる自転車に退路を阻まれ、出にくくなるという阿呆ならではの魂胆。空いている奥のスペースを無視して、手前から停める。困ったことに、阿呆のあとに駐輪する奴がまた阿呆で、最前の阿呆自転車のさらに手前に停める。そして次から次へと阿呆が自転車でやってきては、手前に、手前に駐輪する。かくして駐輪場は中心だけが空いた半円のドーナツ状になり、無法駐輪はだらしなく広がっていく。車の出入りを妨げようとも素知らぬ顔。どうせくだらん恋愛映画でも借りにいくのだろう。愚民め。

春風とともに、俺は原チャリで颯爽と登場。阿呆自転車のさらに手前で停止し、居並ぶ阿呆で無法な自転車を片っ端からのける。そして、駐輪場の奥、良識人の聖地たるスペースに駐輪し、ハードコア極まりないエロビデオを返却しにいく。店を出てヘルメットをかぶり、エンジンを始動させる。その間、間断なく背後に向かって「俺の帰り道に停めんじゃねえぞてめえ」と、自転車の高校生とかにガンを飛ばし続ける。
それは「奥に停めよ」という、若人に道を説く賢者のまなざし。
そして「エロビデオはあえて巻き戻さずに返してみろ」という、よくわからない教え。
[PR]
by disgust | 2005-05-24 19:53 | 雑記

Don't trust over 70

俺はヤングだ。俺は現代っ子だ。そのへんを宣言する。

まんじゅうのあんこは多いほど良しとされる。
でも俺は、おくちいっぱいのあんこにもう嫌気がさした。
生地が薄すぎて中身のあんこが透けて見えるまんじゅうは、吹雪だけでじゅうぶんだ。茶まんじゅうは、口の中で生地がモサモサするものなんだ。それをなぜ。あんこたっぷりに。甘すぎちゃうぜ。

戦中派のフラストレーションの爆発が生み出した、あんこ至上主義。
まんじゅう界に、新しい風を。若人よ、旗を振れ。いま叫べ。いま吠えろ。
あんこはちょっとでいいと。
[PR]
by disgust | 2005-05-24 04:22 | 雑記

ミドリガメのたまご

a0016459_133912.jpg

カメが無事に出産。5つ。

カメのたまごを見たことのある人は少ないと思うので、詳しくリポートしよう。
大きさはウズラのたまごサイズで、縦長の楕円形。ウズラのように固い卵殻ではなく、ペコペコへこむ柔らかい殻。カメは甲羅があるので、腹が膨らまない。だから殻がへこむんではないかと推測する。
ニオイはかなり生臭い。白身は少なく、黄身がほとんど。食べたことがないので、味はわからない。

このたまごは無精卵なので、孵化しない。よって土中で腐るわけだが、腐ったたまごは土中生物にとって、たいへんなご馳走らしい。
去年は5回も産卵し、庭がたまごだらけになった。なぜかカメは同じところを掘るものだから、腐ったたまごを掘り返し、えらいことになった。アリがものすごい勢いで集まってきて、穴掘り中のカメの足やら顔やらにワラワラたかった。かなりおぞましい光景で、金玉が縮んだ。

同じ失敗を繰り返さないために、今回はたまごを取り出した。一所懸命に埋め戻してカモフラージュしたカメには申し訳ないが、自分で産んだたまごを掘り返すアホなので、別にいいだろう。しかし生ゴミとして捨てるのは胸が痛むし、かといって俺は食いたくない。ということで、空き地に捨ててきた。カラスかなんかが食うだろう。

カメもお疲れだが、俺も疲れる。蚊に刺された。
[PR]
by disgust | 2005-05-22 13:03 | 亀甲談