<   2006年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

再びルコント

パトリス・ルコントの新作「親密すぎる打ち明け話」を鑑賞。
おそらくルコントの手帖に縷々と書き込まれているのであろう、くだらなくてエロくてロマンチックな妄想を、小さな箱にプリッと納めた一品。沈黙の使い方、会話の余韻、役者の佇ませかた。小技が光る佳作。

ルコントの馬鹿げた妄想に出資するスポンサー、配給する映画会社がある。だから、この世界も捨てたものではないと思える。
[PR]
by disgust | 2006-09-19 16:16 | 映画とか本とか

DOGORA

大昔に発明された「動く写真」は映像と名付けられ、編集技術と役者とトーキーによって、のちに映画になった。
映像は映画にしかなれなかったのだろうか?たとえば写真展で額におさめられて、並べて壁に展示されたり。窓のないレストランの壁に、風景の代わりに掛けられたり。写真の正統な後胤として、映画ではない映像があってもいい。

DOGORA」を見ててそう思った。動く写真が美しい。
学童が一カ所にゴチャッと寄り合って昼寝している。優しい音楽。微風、学童の髪はそよそよ。その学童たちがススキみたいな植物をもってはしゃぎまわる。学童のひとりが目を覚ます。
作中に一切解説がないので、学童なのかススキなのか確かじゃないが、なんだかおもしろい映像であった。

物語にも演技にもナレーションにも頼らず、一時間半の映像が立派に一人立ちしている。やるじゃん映像。すげえじゃんルコント。途中2回寝たけども。
[PR]
by disgust | 2006-09-13 08:21 | 映画とか本とか