<   2009年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ジェンダーフリーホッコリー

食い物の好みに性差がある。
女性は芋、餅、アイスクリームを好む。そしてステーキよりハンバーグを好む。
長年にわたり食事する女子を睨めつけて、俺が発見した。これらの事実を総合し考察してみるに、女性はほっこり、もっちり、まろやかを好み、肉々しい肉を好まぬ。ということがわかる。よくわからん。干しイモのどこがうまいのか。ポン・デ・リングのなにがいいのか。寒いのになんでアイスか。知らん。理解できんよと俺はあきれつつ、鶏骨に付着した血管をねぶる。

餅は好きだがね。
ついさっき発見したのだが、豆モチは焦って焼いてはいかんよ!俺はいままで中火であぶっていたのだが、弱火でちろちろあぶったところ、ええ塩梅に豆がほっこりするのだよ。豆モチの豆はカリカリするもんだと思ってたが、ほっこりだったとは。だから餅に塩味がついてるのだよ。豆の甘味を引き立てるために。さもあらん、さもあらん。
[PR]
by disgust | 2009-01-31 00:28 | 雑記

チェ 28歳の革命

「チェ 28歳の革命」を見た。

真摯にチェ・ゲバラを描こうとした熱意がよく伝わる。劇中のゲバラは敵を憎悪して叫ぶでもなく、戦いに勝利して泣くわけでもない。事実そうであったように、静かに穏やかに、そして頑固にまっすぐ戦った。誇張や嘘が全然ない。音楽で盛り上げるとか、観客の感情に訴えるような芝居もない。娯楽性はゼロだ。
チェ・ゲバラの実像に迫るという目的は果たされているだろう。もうちょっと演出してもよかったと思うが、アクション映画になってたらゲンナリだ。これでいい。

監督と俳優の自己満足映画といえるが、ここまで私心ない自己満足はめずらしい。


_________
追記
後編の「チェ 39歳の手紙」を見た。

「私は神を信じないが、人間を信じている。」という台詞が象徴的。
ボリビア人に理解を示し、妥協し、譲歩する。たとえば部下の略奪に目をつぶるとか、景気のいい嘘をつくとか。ただ現状に不満があるという理由だけで、革命に参加する民衆が多いのだから、そういう人心操作があって普通だと思うのだけど。しなかったんだねえ。
[PR]
by disgust | 2009-01-17 02:50 | 映画とか本とか

旅から旅へと そして帰らない

あけましておめでとうございます。
正月旅行は楽しいことばっかりだった。初めての船中泊はドキドキで、博多の水炊きはおいしくて、雪の諏訪神社で初詣して、帰りは京都によって歴史散策でしんみり。
長崎で「美味しんぼに載ってる店」を発見し、そこで年を越したが、出される料理のスゴさたるや。サービスのよさ、店主の人柄、相席の旅人との会話も楽しく、一生の思い出となろう。自慢にしかならないので、人に話せないのがつらいところだ。ああおもしろかった。

宝くじはずれた。畜生!騙された!
遣った旅費を計算したら、血の気引いた。お年玉返せッ!しくった!
そしてスペシャルな日々が過ぎ、あっという間に元通りの現実の日々。その吸引力の強さ。うあああっ!怖い!怖いよう!
[PR]
by disgust | 2009-01-05 03:30 | 雑記