人気ブログランキング |

煙突を探せ

寒くなってまいりましたね。
半袖で走り回っている子供を見ると、俺も老けたなと嘆かずにおられん。ももひき。ババシャツ。ルームソックス。ホッカイロ。うちのカメは脱皮を繰り返して、ムケてムケてムケまくってるというのに、 私ときたら着膨れる一方。ムケまくってみたいけど、でも寒いし。今年は暖冬?じゅうぶん寒いわ!

だから私はクリスマスのイルミネーションの向こうに、煙突を探してしまう。子供たちにプレゼントを配るわけではない。そんなことしたら不法侵入だし、第一ミドリガメはソリを引かない。
銭湯の煙突を探すのだ。「梅の湯」とか「松の湯」と描かれた煤だらけの煙突を。出先でちょっと疲れたとき、寒くて腹がたってきたとき、私は煙突を探す。まず高いとこに登る。歩道橋とか。いかにも方向音痴丸出しだが、意外とこの方法で煙突は見つかる。そして見つけた煙突に向かって一直線。のれんをくぐりながらベルトをはずし、靴箱の札を持ったときはもう半裸だ。そして全裸で番台に「貸しタオルくれ!」と絶叫し、冷蔵庫のフルーツ牛乳をチェックしたら浴場へゴー。そして卑屈な顔で誰かが捨てていった石鹸とかシャンプーを漁る。意外と落ちてるもんだ。十分な掛け湯の後、入湯!そして呻く。ほええー。

木戸銭、貸しタオル代、フルーツ牛乳代も含めて、だいたい800円くらいだ。出先で疲れたり、寒いときは喫茶店に行く人が多い。しかしアナルに突き刺さりそうなドトールの小さいイスでコーヒーを飲むより、俺は銭湯を選ぶ。40度の湯に浸かればアナルは全開ヨロシク。ヒーリング的観点から見ても、アナル的観点から見ても、ドトールより銭湯が優れていることは一目瞭然。俺のアナルを見ろ!全開ガバガバだ!だから寒いときは風呂だ!ビバ銭湯!

しかし最近、銭湯がどんどんつぶれている。煙突目指して歩いて行ったら、煙突だけ残して銭湯が潰れていたことがあった。そんなときは身も心も寒くなって、俺のアナルはきゅっと締まるのだった。
by disgust | 2004-12-23 06:34 | 雑記