置き場のない右手

私が行っているスーパー銭湯の便所は、更衣室と浴場のあいだにある。
つまり脱いでから、用をたす。全裸で首にタオルを巻いて、サンダルを履き、小便器のまえに立つ。放尿方向を保持すべく左手の指をあてがう。このとき普段であれば、右手はチャックを下ろし、パンツのゴム部分を押さえつける役をしているのだが、全裸小便のときは、下ろすチャックも、押さえつけるパンツのゴム部分もないために、することがない。置き場のない右手をいかにしたものか。悩んでいると、小便が終わった。

はて。
今宵スーパー銭湯に集いし裸の壮夫たちは、右手をどうしているのか。「左の耳たぶをつまむ」とかそういう慣わしがあったりして。
はて。どうなんだろう。しばらく便所にステイして、用例を見守りたいが。
変態扱いされるな、やめとこう。寒いし。
[PR]
by disgust | 2005-02-07 04:46 | 雑記
<< 先生はダダイスト 阿呆の日が暮れる >>