エコー挽歌

煙草の箱はハイライトが最もかっこいいと思うが、私が吸っているエコーもなかなかいい。
どういう意図のデザインなのか知らないが、どう見てもじじ臭い。「落陽」「枯葉」「熟柿」などアダルトな、朽ちた臭いが漂ってくる。いいデザインだ。

2、3日前からエコーのパッケージが変わった。厚生労働省からの健康に関する注意書きが、デデンと印刷されている。そういえば免税店で買う外国のマルボロはこんな感じだった。そうか、日本の煙草もついにここまで追い詰められたか。
でも嫌煙派の人々は「これでもまだぬるい!」と思ってるんだろうな。愛煙家は言い返せないので、時流におとなしく従うほかないのだが、エコーのデザインが台無しになってしまったことを、私は静かに、いつまでも恨む。
a0016459_2242211.jpg

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by disgust | 2005-02-17 22:03 | 雑記 | Comments(0)