できるかな

私は今、古いカメラの蘇生を行っている。
20年寝ていたカメラなので、カビだらけ、ホコリだらけ。レンズはへこんでるし、シャッターもバカになっている。重症だが、修理のしがいがある。俺の手でただの汚い置物を、道具として蘇らせる。腕が鳴るぜ。
私は郵便局でゆうパック箱を買い、カメラを厳重に梱包し、修理屋さんに郵送した。3日待ったら、カメラは新品のように蘇って、クロネコヤマトのトラックに乗って帰ってきた。おかえり。

ここからが俺の腕の見せ所。
このカメラは今は生産されていない電池を使うため、現行の電池が使えるように、電池アダプタを取り付けなければならない。電池アダプタは3000円くらいで売っているが、自作する人が多い。ネットで調べたら案外簡単そうだったので、自分で作ることにした。俺もちょっとくらい蘇生に関わりたいわけさ。

がんばっているつもりだが、バネがビョーンと飛んでいったり、電池がカパカパしたり、金具がフガフガしたりして一向はかどらない。
私は几帳面な性格で、凝り性で、手先を使った作業が好きだが、不器用だ。右手で持つべき箇所を左手で持ったりするので、作業中に腕がからまったりする。ゆえに電池がカパカパし、金具はフガフガ。ビョーンと飛んだバネが見つからない。およよ。
a0016459_22252349.jpg

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by disgust | 2005-03-13 22:26 | 雑記 | Comments(0)