どこに置くか

NYの美術館に自画持参、名作の間にちゃっかり展示
読売新聞

小粋だ。犯人のバンクシーさんのサイト。
Banksy
ART OF THE STATE

作品の置かれている環境というのは、作品の中身と同じくらいに重要だ。作品の中身は不変であっても、置かれている環境のほうは変化する。警察署の近くの壁に描いたからおもしろかった絵も、警察署がなくなればおもしろくなくなる。ただの便器も、美術館に持ち込んで展示すればおもしろくなる。

美術館は絵を静かにゆっくり見られる環境ではあるが、利点はそれだけだ。
ピカソ展に行くと、ピカソの絵が壁を埋め尽くすように展示されてる。あれは12曲入りのCDを、12曲同時に聴かされるようなものだ。ピカソ展だから仕方ないのだが。
ファミレスの壁に掛けてある絵のほうが、環境としては恵まれてるんじゃないかと思う。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by disgust | 2005-03-28 02:02 | 映画とか本とか | Comments(0)