大人しくなげやり

一日中遊び歩いて、いろんなものを見て、いろんなことを喋った。ひとり家路をよたよた歩きながら、気持ちがフラットになった。満ち足りていないけど、さびしくもない。
誰もいない深夜の駅前でたばこを一服。スリッパの男が大急ぎでコンビニに飛び込み、ペットボトルの水を買って、どこかへ走っていった。気持ちはフラットなまま。どうでもいい。
私が強くなったのか、それとも鈍感になっただけなのか。それもどうでもいい。
夏の終わりってこんな感じだったかしら。大人ってこういうことなのかしら。それもどうでもいい。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by disgust | 2006-08-28 01:47 | 雑記 | Comments(0)